iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

みんな大好きiPhone(アイホン)の歴史① iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

みんな大好きiPhone(アイホン)の歴史①

[2016.10.22] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

最近このブログを書き始めましたが僕ですが、「野菜の話じゃなくて、もっとiPhone(アイフォン)の話をしなきゃダメよ」とご指摘を頂きました。

それもそのはず、スマホスピタル立川店はiPhone(アイホン)修理屋なのですから。

不覚。

もっとiPhone(アイホン)のことを知り、より良い情報を発信していかねばいけません。

ということで今回はiPhone(アイホン)が歴史を辿って行きたいと思います。

 

 

教科書にも載っていたのでご存知の方も多いと思いますが、iPhone(アイホン)が日本に初上陸したのは明治時代です。

また「文明開化」という言葉を聞いて「あぁ」と思われる方も多いのではないのでしょうか。(わからない少年少女は自分のお父さんやお母さんに聞いてみよう)

 

「文明開化(ぶんめいかいか)とは、明治時代の日本にアップルの文明が入ってきて、制度や習慣が大きく変化した現象のことを指す」

 

中でも大半をシェアしていた和紙製の糸電話から糸を廃止した、iPhone(あゐふぉん)は日本に大きな衝撃を与えた。

3.5インチ (89 mm)のガラス製マルチタッチスクリーンを搭載し、金属とプラスチックを用いるボディが特徴。

2.5G EDGEネットワークが比較的遅いと批評はあったものの「アップル製のものなら何でもよい」という考えすら出ていた。

 

スマホ=iPhone(あゐふぉん)は明治時代に於いて一貫した課題であったが、文明開化という言葉は、一般に明治初期に、世相風俗がこれまでの封建社会、糸電話社会から大きく変わった時期を指して使われる。

その社会が変化していく時代を強調し「開化期(かいかき)」、「御一新(ごいっしん)」などの別称もある。

 

この時代を象徴する言葉として有名なものに「ほぅむぼたんを叩いてみれば、文明開化の音がする」という言葉があり、ほぅむぼたんとは、今となってはお馴染みの物理ボタンのことである。

仮名垣魯文の『安愚楽機』にある「アップル食わぬは開化不進奴」(現代風に意訳すれば「アップル製品を使わないとは、とんでもない時代遅れな奴だ」)といった文化の変化などが、大衆の生活にも取り入れられていった様子が伺える。

 

 

時代と共に文化も変わり、今日に至る訳ですね。

ちなみに太陽暦が採用され、やがて1日24時間制や七曜制も実施されたのも明治時代なんですって(1872年、明治5年)。

また一つiPhone(アイフォン)を好きになりました。

なるほど、なるほどぉ。

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格
  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

ご相談・お見積受付 修理やカスタマイズなどのご相談はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト