iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

月にうさぎはいるのだろうか② iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

月にうさぎはいるのだろうか②

[2017.02.24] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

つぶあん派、スマホスピタル立川店です。

iPhone(アイフォン)修理地域最安値ですよ!

iPad(アイパット)や3DS、PSPも取り扱っております。

 

 

 

■前回のあらすじ

 

月にうさぎはいるのだろうか①

 

「うさぎが月で餅つきをしている」

果たして噂は本当なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

■iPhone(アイホン)で月は撮れない?

 

 

 

 

うさぎの存在を確かめるべく、月の撮影を試みるものの真っ白な球体しか写らなかった。

これは「白飛び」と言い、露出(明るさ)調整を誤ると起こる現象なのだ。

iPhone(アイフォン)のカメラには自動的に露出を調整する機能がついているのだが、とても万能とは言えない。

 

 

 

 

 

■露出を調整するには

 

iOS8から露出を手動調整する機能がつきました。

被写体にピントを合わせると表示される四角い枠。

その横に太陽のアイコンがあり、これこそが露出調整のアイコンになります。

指で画面を上下にスワイプすることによって調整が可能です。

 

 

 

これで完璧、いざお月様をパシャリ。

 

ところがどっこい、これだけではお月様のお顔を拝見することはできません。

 

 

 

 

まるでフェイスフラッシュ。

神秘のベールに包まれた素顔とは一体。

 

 

 

■更に細かく設定をしよう

 

そこで登場するのがカメラアプリ「MuseCam」。

まるで一眼レフのように細かく設定、撮影を可能にしてくれる優れもの。

 

 

 

 

月を撮影する上で必要となってくるのが3点。

 

・ISO感度(最小に設定)

・シャッタースピード(1/250に設定)

・焦点距離(月にピントを合わせよう)

 

用語の説明をすると長くなってしまうため、今回は省略させていただきます。

これらを上手く設定することで純正アプリではできない、高度な撮影をすることができるのだ。

 

 

 

 

iPhone(アイホン) 単体での撮影はこれが限界。

しかし天体望遠鏡を使うことで更なる高みを目指すことができるのだ。

その写真がこちらである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎがいない……!!

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらまで

〒190-0022

東京都立川市錦町1-3-28エスアールエスビル401号室

スマホスピタル立川店

042-595-6337

 

 

一覧に戻る

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル