iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

ひもQってすごい③ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

ひもQってすごい③

[2017.04.14] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

スマホスピタル立川店です。

iPhone(アイホン)修理地域最安値!

iPad(アイパッド)やアンドロイド、3DSにPSPの修理も行っております。

 

 

 

■前回のあらすじ

 

ひもQってすごい②

Screenshot-2017-04-07-at-19.12.16 ひもQってすごい③

 

これはひもQじゃない。

 

 

 

 

 

■ひもQじゃなければ何なのだ

 

何を隠そうコイツの正体は「自己修復素材」である。

己の傷を、己の力で、己を修復する、素材のことである。

一言で言うなれば「すごい」のだ。

「すごい」と言う意味ではひもQに軍配が上がるが、こちらも負けず劣らずでやんす。

 

 

 

■真っ二つに割れても大丈夫

 

スマホスピタル立川店の一日の大半はiPhone(アイホン)の画面修理であるように、画面というのは非常に割れやすい。

その悩みを解消してくれるのが米カリフォルニア大学リバーサイド校(UCリバーサイド)の化学者が開発した、この「自己修復素材」だ。

実験の結果、引っかき傷やナイフでの切り傷だけではなく、パキッと半分に割ったとしても24時間以内に元の状態に修復してくれることが証明された。

 

ひもQは主にゼラチンと努力と友情と勝利で構成されているが、こちらは伸縮性ポリマーとイオン性塩でできている。

伸縮性に優れており、50倍にまで伸ばすことができるが、ひもQは無限である。

自己修復の仕組みは「イオン−双極子相互作用」とのことだが、要するに「すごい」ことが作用し治ってしまうのだ。(すごい)

 

 

 

■実はもう出回っている自己修復素材

 

このような自己修復機能がある保護フィルムはすでに発売されており、LGのスマートフォン「G Flex」の背面に採用されているカバーのように、自己修復素材を使用している端末も存在する。

しかしそれらの問題点は通電しないこと。

つまりタッチパネルには使用できないものなのだ。

 

その問題を解決したのが今回紹介したモノである。

2020年には商品化されると予想されるが、それが流通したら最後。

スマホスピタル立川店は一巻の終わりなのである。

 

 

 

【完】

 

 

 

 

 

 

本日もまだまだご予約お待ちしております!

〒190-0022

東京都立川市錦町1-3-28エスアールエスビル401号室

スマホスピタル立川店

042-595-6337

 

 

一覧に戻る

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル