iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

[2018.03.24] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

皆様こんにちは!!

スマホスピタル立川店です!

JR立川駅南口から徒歩2分!場外馬券場の立川WINS裏の牛丼吉野家さんのあるビルの4Fが当店となっております!※大変申し訳ございませんが、エレベーターがございませんので、階段のみでお上がりいただきます。

 

本日は、

iPhone(アイフォン)のバッテリーを長持ちさせる方法

を皆様にご紹介したいと思います!

今回のポイントは以下の3つです!

①充電ケーブルを挿しっぱなしにしない

②不要なアプリは閉じる

③充電しながらiPhoneを使用しない

詳しくは一つずつご説明いたします。

 

①充電ケーブルを挿しっぱなしにしない

よく寝る前に充電のケーブルを外さないまま放置してしまっていることがよくあるかと思います!

私もよくやってしまうのですが、満充電のまま充電を続けてしまうと、バッテリーには想像以上の負荷がかかっているみたいです。また満充電に近い状態であればあるほど、バッテリーは劣化していくので、寝ている間に数時間も挿しっぱなしにしているとバッテリーを痛める原因となります。

100%になったら必ずすぐにケーブルは外しましょう!

 

②不要なアプリは閉じる

これも意外と多いのですが、iPhoneでアプリを開くと、アプリを閉じてもホームボタンをダブルクリックして開いていたアプリを完全にシャットダウンしない限りは、起動状態のままになっています。

特に、マップアプリなどは要注意です。位置情報などで想像以上にバッテリーを消費するので、バッテリーの減りが早いなと思ったら、こまめにアプリをシャットダウンするといいかもしれません。昔このマップアプリを裏で開きっぱなしにしていることに気づかずに猛スピードでバッテリーを消費した思い出がございます。。。

 

③充電しながらiPhoneを使用しない

電池は、温度環境が高いほど、また放電深度が深いほどバッテリーは劣化するそうです。充電しながらiPhoneを使用することはバッテリーが高温になる原因となります。特に満充電状態でACアダプターなどで充電しながらの使用は控えたほうがいえます。これをしっかり守るか守らないかでお持ちのiPhoneが長く持つか持たないかの分岐点になると言えるでしょう。

 

久々にまじめな記事を書いた気がします(ぇ

以上です。それでは皆様のご来店をお待ちしております。

 

【ご予約・お問い合わせ】

head_logo iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

〒1900022

東京都立川市錦町1−3−28 エスアールエスビル 401号室

042-595-6337

営業時間 10時〜20時

head_logo iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

一覧に戻る

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル