iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

過充電はもう古いらしい。 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

過充電はもう古いらしい。

[2018.11.09] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

スマホスピタル立川店です。

iPhone(アイフォン)を始め、iPad(アイパット)やAndroid端末(Xperia・Nexus・Galaxy・HUAWEI・ZenFone)更にはゲーム機(3DS・2DS・任天堂Switch・PSP)の修理も行っておりますよ!

駅から徒歩すぐ、地域最安値で営業しております。

 

■バッテリーの減る原因

 

バッテリーが減る原因は様々あります。

・長年使用による経年劣化

・0%の状態のまま放置し続ける過放電

・100%のままずっと充電を続ける過充電  などなど。

 

バッテリーの寿命は平均2~3年と言われおりますが、使用環境や本体基板、使用してるアプリやシステムのバージョンによって変わってきます。

適度に充電して適度に使用するのが長持ちする秘訣と言われております。

 

言われております、が、どっこい時代は変わりテクノロジーの進化というのは素晴らしいもので、それらはもう過去の話というのが今回のテーマです。

 

 

■過充電は死語

 

噂によると「らしい」のです。

バッテリー劣化を進める代名詞として人々が呪文のように唱え続けた「過充電」はもう過去のもの。

なぜならリチウムイオンバッテリーがみんなの祈りを通じて過剰な充電にも耐えれる奇跡の力を手に入れたから。

……だったらいいのになぁ。

 

どうやら開発者の話しよると「すべてのユニットはビルトインチップを搭載しており、一度100%に達すると充電を行わないようになっている」とのこと。

……何を言っているのかサッパリだぜと言いたいところだが、要するに最新スマートフォンや充電器には過充電防止をする回路、それらを管理するICチップが備えられているらしい。

 

100%になったら電力の供給を自動的にストップしてくれるので、充電しながらな睡眠をとる方には嬉しい機能です。

また充電による発火・事故などの安全性にも繋がっているそうです。

 

なんだかとってもハイテクで近未来的な話だが、この過充電防止回路について調べると今から13年前には端末にそのような「過充電を防止する機能があった」という記事を発見。

また同時に「そんな機能はない」という記事もあり、もしかしたら2018年の現在もあると言いつつもそんな機能はないのかもしれない……のであくまでも「らしい」という話なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご予約・お問い合わせ】

〒1900022

東京都立川市錦町1−3−28 エスアールエスビル 401号室

TEL 042-595-6337(予約制)

営業時間 10時〜20時

 

 

一覧に戻る

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト