iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

中国メーカーのスマホが利用できなくなる? iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)なら立川駅近のスマホスピタル立川にお任せ!

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

中国メーカーのスマホが利用できなくなる?

[2018.12.05] スマホスピタル立川

カテゴリー:スタッフオススメ情報

 

皆さんは「バックドア」という言葉をご存知でしょうか。

 

そうです、広島カープの男気でお馴染み黒田博樹投手が投げる「フロントドア」と「バックドア」のバックドア。

メジャー仕込みのそれは魔球とも称され、40歳という年齢ながらも日本球界に復帰しては勝ち星を並べていきました。

そんな人々を魅了したバックドアですが、実は野球のみならず、我々が普段手にしているスマートフォンにも「バックドア」という言葉があります。

 

■中国メーカーのスマホとバックドア

 

スマホスピタル立川店です。

iPhone(アイフォン)を始め、iPad(アイパット)やAndroid端末(Xperia・Nexus・Galaxy・HUAWEI・ZenFone)更にはゲーム機(3DS・2DS・任天堂Switch・PSP)の修理も行っておりますよ!

駅から徒歩すぐ、地域最安値で営業しております。

 

近年急激にシェアを伸ばしている中国メーカーの格安スマホ。

特に安いながらも高性能と謳われるHuawei(ファーウェイ)は世界中で大ヒットを記録、かく言う私もHuawei P20 liteを愛用しています。

2〜3万で手に入るし、液晶の発色も、カメラも、システムに関してもライトユーザーの自分には十分すぎるほどです。

 

そんな良いことづくめの中華スマホですが、いいニュースばかりではありません。

端末性能を数値化したベンチマークというものを偽装していたり、カメラのサンプル画像も本機ではなく一眼レフで撮影されたものだと判明し、ネット上で炎上したことがありました。(……正直そこら辺の偽装に関しては中国メーカーのみならずどこのメーカーもやってそうなイメージがあるのですが、個人的に使用しているぶんには今のところ不満はないです)

 

そして最近よく話題になったのが「中国メーカーの通信設備の利用禁止」という話。

アメリカやオーストラリアでは既に話が進んでおり、ニュージーランド、そして日本でもHuaweiやZETと言った中国メーカーのスマートフォンを今後使用することができなくなる可能性があるとのこと。

自国の製品が売れなくなる、勢いのある企業を潰したいなど大人の事情もあるとのことですが、1番の理由として挙げられるのが「バックドア」です。

 

バックドアとは個人情報を盗み出すための回路のことであり、それが中国スマホにはそれが仕込まれているというものなのです。

 

【ご予約・お問い合わせ】

〒1900022

東京都立川市錦町1−3−28 エスアールエスビル 401号室

TEL 042-595-6337(予約制)

営業時間 10時〜20時

 

 

一覧に戻る

042-595-6337 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 立川(東京 立川市)
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル